仮差押えに関する基礎知識

Q4:なぜ、債権に対する仮差押命令の申立書には第三債務者の記載が必要なのですか。


A4:民事保全法21条により、仮差押命令は、特定の物について発しなければならないためです。

(参考) 
民事保全法21条

仮差押命令は、特定の物について発しなければならない。ただし、動産の仮差押命令は、目的物を特定しないで発することができる。