最近の労使間トラブルに関する裁判例


裁判例37:有期契約労働者と労働基準法20条

最高裁判所平成30年6月1日判決(判例タイムズ1453号58頁)

    有期契約労働者と無期契約労働者との労働条件の相違が同条に違反する場合であっても、同条の効力により当該有期契約労働者の労働条件が比較の対象である無期契約労働者の労働条件と同一のものとなるものではないと解するのが相当である。」「同条にいう「気管の定めがあることにより」とは、有期契約労働者と無期契約労働者との労働条件の相違が期間の定めの有無に関連して生じたものであるこというものと解するのが相当である。