民事再生法の条文ポイント


民事再生法条文ポイントの解説についてご紹介します。

第1章 総則 第1条(目的)

第1章 総則 第2条(定義)


第3条(外国人の地位)

第4条(再生事件の管轄)


第5条(再生事件の管轄)

第6条(専属管轄)


第7条(再生事件の移送)

第8条(任意的口頭弁論等)


第9条(不服申立て)

第10条(公告等)


第11条(法人の再生手続に関する登記の嘱託等)

第12条(登記のある権利についての登記等の嘱託)


第13条(否認の登記)

第14条(非課税)


第15条(登録への準用)

第16条(事件に関する文書の閲覧等)


第17条(支障部分の閲覧等の制限)

第18条(民事訴訟法の準用)


第19条(最高裁判所規則)

第20条(削除)


第21条(再生手続開始の申立て)

第22条(破産手続開始等の申立義務と再生手続開始の申立て)


第23条(疎明)

第24条(費用の予納)


第24条の2(意見の聴取)

第25条(再生手続開始の条件)


第26条(他の手続の中止命令等)

第27条(再生債権に基づく強制執行等の包括的禁止命令)


第28条(包括的禁止命令に関する公告及び送達等)

第29条(包括的禁止命令の解除)


第30条(仮差押え、仮処分その他の保全処分)

第31条(担保権の実行手続の中止命令)


第32条(再生手続開始の申立ての取下げの制限)

第33条(再生手続開始決定)


第34条(再生手続開始と同時に定めるべき事項)

第35条(再生手続開始の公告等)


第36条(抗告)

第37条(再生手続開始決定の取消し)


第38条(再生債務者の地位)